1 ハバナブラウン(WiMAX) 2013/01/20(日) 10:18:30.67 ID:Z3SlNu1M0

 フジテレビの子ども番組「ひらけ!ポンキッキ」が始まったのは一九七三年。今年でちょうど四十年を迎える。
これを記念して、番組のキャラクター「ガチャピン」が、どんな恐竜の子孫で、どういう進化をたどったのかを解明する
「ガチャピン創世記調査委員会」が発足、近く調査結果が明かされる。
子ども向け番組のお遊びと笑うなかれ。大の大人と第一線の研究者が子どもの夢のために、大真面目に取り組んでいる。(宮崎美紀子)
 「ひらけ!ポンキッキ」は現在はBSフジに移り、「beポンキッキーズ」として続いている。番組のキャラクター、ガチャピンとムックも活躍中。
当初から、ガチャピンは「恐竜の子ども」で「五歳」、出身地は南の島。ムックは「雪男の子ども」で「五歳」、
出身は北極近くの島ということになっていた。
 でも、ガチャピンって何の恐竜の子孫なのか。この謎を解明するため、昨年四月、フジテレビの子会社で子ども番組や事業を手掛けるフジテレビKIDSが調査委員会を設けた。
 「四十年前にスタッフの誰かが深く考えずに作った生きものでしょ」と大人なら言いたくなるが、これが大真面目。
フジテレビKIDSの山田洋久・子育て支援事業部長は、子ども相手の仕事だからこそ大人も想像力が大事だという。
「子どもたちに恐竜や生物、環境に興味を持ってもらいたい。そのためには学術的なベースがなければ意味がない」。
調査は、日本を代表する恐竜専門の博物館「福井県立恐竜博物館」に依頼したというのだから、その大胆さには恐れ入る。
 調査結果の第一弾としてルーツ図が昨年秋、発表された。ガチャピンの背中にある背びれ状のものは「剣板」で、
ステゴサウルスなど「剣竜類」の特徴。ガチャピンはステゴサウルスの仲間らしいということがわかった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2013011902000155.html

1
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1358644710/
→ガチャピンはステゴザウルスから進化した恐竜の子孫である事が判明!  の続きを読む